カタウロコタケ(堅鱗茸)(読み)カタウロコタケ(英語表記)Stereum frustulosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カタウロコタケ(堅鱗茸)
カタウロコタケ
Stereum frustulosum

担子菌類ヒダナシタケ目コウヤクタケ科。カシなどの枯れ木上に発生する。子実体の表面に背面で着生する。初めいぼのような形であるが大きくなるにつれ多数が押合って不規則な多角形となる。個々の大きさは径3~10mm,厚さ1~2mmで鱗が並んだようである。この菌は材の白色孔腐れを起す害菌である。日本全土にみられ,北アメリカヨーロッパ,中国にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android