コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背面/外面 ソトモ

デジタル大辞泉の解説

そとも【面/外面】

《「背(そ)つ面(おも)」の音変化》
後ろの方。また、そとがわ。そと。
「暇を告て、堂の―に出行きたり」〈竜渓経国美談
山の日の当たる方から見て後ろになる側。北側。⇔影面(かげとも)
「我が大君のきこしめす―の国の」〈・一九九〉

はい‐めん【背面】

後ろの方。後ろの側。「敵の背面を突く」
物事の裏に隠されている別の面。「事件の背面を暴く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はいめん【背面】

後ろの方。後ろの側。 「 -から攻撃を受ける」
物事の表面にあらわれない別の面。 「 -のいきさつ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

背面/外面の関連キーワードリアプロジェクションテレビニホンコガネウロコムシニジュウヤホシテントウout cameraサキシマカナヘビサンコウチョウキングチーター字光式ナンバーバックライトサカサナマズ黒鶫・黒鶇曲技飛行ジムグリ桃色鸚哥切蛆大蚊カルモナ後ろ明き背面液晶オオハム肩甲骨

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android