表面(読み)ヒョウメン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐めん〔ヘウ‐〕【表面】

物の外側をなす面。おもて。「月の表面」「液体の表面」⇔裏面
物事の、外から見える部分。表立つところ。うわべ。「表面を飾る」「事が表面に出る」「表面的な見方」⇔裏面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

表面

研究分野によって様々な意味があるが,堆積岩の場合には地層のもとの上部の面をいう.上の方向に地層は若くなる[Shrock : 1948].地層が堆積したときの最上面である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうめん【表面】

物の一番外側あるいは上側の部分。おもて。 ⇔ 裏面 「 -に傷をつける」 「水の-」
外から目につく部分。外見。うわべ。 ⇔ 裏面 「 -だけとりつくろう」
〘物・化〙 液相または固相と気相(または真空)とが接触しているときの境界面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表面の関連情報