コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表面 ヒョウメン

3件 の用語解説(表面の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐めん〔ヘウ‐〕【表面】

物の外側をなす面。おもて。「月の―」「液体の―」⇔裏面
物事の、外から見える部分。表立つところ。うわべ。「―を飾る」「事が―に出る」「―的な見方」⇔裏面

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

表面

研究分野によって様々な意味があるが,堆積岩の場合には地層のもとの上部の面をいう.上の方向に地層は若くなる[Shrock : 1948].地層が堆積したときの最上面である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひょうめん【表面】

物の一番外側あるいは上側の部分。おもて。 ↔ 裏面 「 -に傷をつける」 「水の-」
外から目につく部分。外見。うわべ。 ↔ 裏面 「 -だけとりつくろう」
〘物・化〙 液相または固相と気相(または真空)とが接触しているときの境界面。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

表面の関連キーワードフェライト砂流サイクロセムダンストーン局所変成作用保険種類学術創成研究費コンソーシア(コンソーシアム)五黄殺向上線

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

表面の関連情報