コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタ岩 カタがんkatarock

岩石学辞典の解説

カタ岩

ベッケとグルーベンマンによって,変成作用の最も深い帯で形成された岩石に使用された名称[Becke : 1903, Grubenmann : 1906].ここでは高温が支配的で高い静水圧が剪断応力よりも優勢である.カタ片麻岩(katagneiss),カタ片岩(kataschist)と使用する.グルーベンマンの使用法はヴァン・ハイスの使用法とは反対である[Van Hise : 1904].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android