コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カタ岩 カタがんkatarock

岩石学辞典の解説

カタ岩

ベッケとグルーベンマンによって,変成作用の最も深い帯で形成された岩石に使用された名称[Becke : 1903, Grubenmann : 1906].ここでは高温が支配的で高い静水圧が剪断応力よりも優勢である.カタ片麻岩(katagneiss),カタ片岩(kataschist)と使用する.グルーベンマンの使用法はヴァン・ハイスの使用法とは反対である[Van Hise : 1904].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android