コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトチェ[岬] Cabo Catoche

世界大百科事典 第2版の解説

カトチェ[岬]【Cabo Catoche】

メキシコの南東部,ユカタン半島の北東端にある岬。メキシコ,キンタナ・ロー州に属する。ユカタン海峡にのぞみ,約220kmでキューバ島の西端,サン・アントニオ岬と相対している。低い丘陵性の岬であり,ヤラアウ潟湖をかこむ細長い沿海州オルボックス島にかこまれている。1517年,スペイン人が初めてメキシコに到達した際の上陸地点という。【田嶋 久】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android