ユカタン海峡(読み)ユカタンかいきょう(英語表記)Yucatán Channel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ユカタン海峡」の解説

ユカタン海峡
ユカタンかいきょう
Yucatán Channel

メキシコ東部のユカタン半島キューバ島をへだてる海峡で,メキシコ湾カリブ海を結ぶ。約 210kmで,ユカタン半島北東端のカトチェ岬キューバ西端のサンアントニオ岬が相対する。大西洋南赤道海流支流南東からこの海峡を通ってメキシコ湾に流入メキシコ湾流源流となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ユカタン海峡」の解説

ユカタン海峡
ゆかたんかいきょう
Yucatán Channel

メキシコ東部、ユカタン半島のカトチェ岬とキューバ西端のサン・アントニオ岬の間にある海峡。メキシコ湾とカリブ海を結ぶ。幅220キロメートル。海流がメキシコ湾へ流れ込んでいる。メキシコ湾内の諸港とパナマ運河を結ぶ航路にあたる。

[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ユカタン海峡」の解説

ユカタン海峡【ユカタンかいきょう】

中米,メキシコ南東部のユカタン半島とキューバ島間の海峡。カリブ海とメキシコ湾を結ぶ。カトチェ岬とサンアン・トニオ岬間で幅約220km。
→関連項目カリブ海

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「ユカタン海峡」の解説

ユカタンかいきょう【ユカタン海峡 Yucatan Channel】

中央アメリカ,キューバ島の西端とメキシコのユカタン半島の間にある海峡。メキシコ湾とカリブ海とを結ぶ位置にある。キューバ島西端のサン・アントニオ岬からユカタン半島北東端のカトチェ岬にいたる最短距離は約210kmで,最大水深は約3600m。メキシコ湾内の諸港とパナマ運河を結ぶ航路にあたる。北北西に向かう速い海流がカリブ海よりメキシコ湾内に流入している。【田嶋 久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android