コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユカタン海峡 ユカタンかいきょうYucatán Channel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユカタン海峡
ユカタンかいきょう
Yucatán Channel

メキシコ東部のユカタン半島キューバ島をへだてる海峡で,メキシコ湾カリブ海を結ぶ。幅約 210kmで,ユカタン半島北東端のカトチェ岬とキューバ西端のサンアントニオ岬が相対する。大西洋南赤道海流の支流が南東からこの海峡を通ってメキシコ湾に流入,メキシコ湾流の源流となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ユカタン海峡【ユカタンかいきょう】

中米,メキシコ南東部のユカタン半島とキューバ島間の海峡。カリブ海とメキシコ湾を結ぶ。カトチェ岬とサンアン・トニオ岬間で幅約220km。
→関連項目カリブ海

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユカタンかいきょう【ユカタン海峡 Yucatan Channel】

中央アメリカ,キューバ島の西端とメキシコのユカタン半島の間にある海峡。メキシコ湾とカリブ海とを結ぶ位置にある。キューバ島西端のサン・アントニオ岬からユカタン半島北東端のカトチェ岬にいたる最短距離は約210kmで,最大水深は約3600m。メキシコ湾内の諸港とパナマ運河を結ぶ航路にあたる。北北西に向かう速い海流がカリブ海よりメキシコ湾内に流入している。【田嶋 久】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユカタン海峡
ゆかたんかいきょう
Yucatn Channel

メキシコ東部、ユカタン半島のカトチェ岬とキューバ西端のサン・アントニオ岬の間にある海峡。メキシコ湾とカリブ海を結ぶ。幅220キロメートル。海流がメキシコ湾へ流れ込んでいる。メキシコ湾内の諸港とパナマ運河を結ぶ航路にあたる。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ユカタン海峡の関連キーワードウィンドワード海峡カトチェ[岬]メキシコ海盆フロリダ海流

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android