コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフラリア Kaffraria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフラリア
Kaffraria

南アフリカ共和国東ケープ州の東縁地域の古名で,「カフィル(アラビア語で不信心者を意味する kāfirに由来する,コーサ族に対して用いられた蔑称)の土地」を意味する。1806年当時,この地の東境はグレートフィッシュ川であったが,1819年にはコーサ族とのたび重なる衝突を経てケスカマ川まで東漸し,1835年にはグルートケイ川まで拡大した。19世紀中葉にはカフラリアはグルートケイ川以東のコーサ族の領域を意味し,イギリス領カフラリアは,1853年に成立したグルートケイ川以西ケスカマ川まで,北はクリップラート川までの,王領植民地を意味した。イギリス領カフラリアは 1865年に,本来のカフラリアは 1879~94年の間にケープ植民地に併合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カフラリアの関連キーワードキングウィリアムズタウンシェプストーン

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android