コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーコンタクトレンズ からーこんたくとれんず Colour Contact Lens

2件 の用語解説(カラーコンタクトレンズの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

カラーコンタクトレンズ

レンズに彩色を施したコンタクトレンズ。着用するだけで瞳の色や黒目の大きさを変えられることから、若い女性を中心に人気を集めている。視力補正を兼ねた度入りのものと、視力補正を目的としない度なしのものがある。いずれも薬事法で高度管理医療機器に分類されており、製造・販売には厚生労働大臣の承認が必要となる。かつては、度なしのものについては厚生労働大臣の承認は不要だったが、レンズの安全性が問題視されたことから、2009年11月より承認が求められるようになった。しかし、その後も粗悪な製品による眼障害の被害が相次いでいることを受け、2014年、消費者庁厚生労働省に事業者への指導や承認基準の見直しを検討することなどを要請した。

(2014-5-31)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カラー‐コンタクトレンズ(colored contact lens)

表面に色や模様などをプリントした装飾用のコンタクトレンズ虹彩の色が変わって見える。カラコン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラーコンタクトレンズの関連キーワードシフトレンズコンタクトレンズコーテッドレンズソフトコンタクトレンズハードコンタクトレンズソフトレンズオルソレンズ進歩するめがねとコンタクトレンズ日本コンタクトレンズ学会中央コンタクト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラーコンタクトレンズの関連情報