コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャッスルオブグッドホープ Castle of Good Hope

デジタル大辞泉の解説

キャッスル‐オブ‐グッドホープ(Castle of Good Hope)

南アフリカ共和国南西部の都市ケープタウンの市街中心部にある五稜形の旧要塞。1666年から1679年にかけてオランダ東インド会社によって建造され、同社総督が居住した。ヨーロッパ人による同国最古の建築物の一つとして知られる。現在は西ケープ陸軍司令部が置かれている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android