ケープタウン(英語表記)Cape Town

翻訳|Cape Town

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南アフリカ共和国の立法府所在地で,西ケープ州州都アフリカーンス語では Kaapstad。州南西部,ケープ半島の最南端から約 50km北に位置。1652年オランダ東インド会社ヤン・ファン・リーベークにより建設され,オランダの貿易基地として発展(→喜望峰)。1795年イギリス領となり,一時オランダに返還されたが,1806年から再びイギリス領。1910年自治領として独立した南アフリカ連邦の首都となった。豊かな農業地帯を控え,古くからワイン,乾燥果実,ジャム缶詰水産物などの食品加工やたばこ製造が盛ん。船舶修理,石油精製,化学,繊維などの近代工業も発達し,工業地帯を形成している。テーブル山を背にテーブル湾に臨み,近代的湾施設をもつとともに,博物館,美術館,大学などの文化・教育機関も完備。国有鉄道の南の終着駅で,国内だけでなく,ジンバブエ方面とも結ばれる。都市圏人口 310万3000(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

南アフリカ共和国南西端、喜望峰に近い大西洋岸の港湾都市。同国の議会の所在地。造船・機械工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(Cape Town) 南アフリカ共和国、ケープ州の州都。共和国議会の所在地。アフリカ最南端の港湾都市で、同国第一の貿易港。一六五二年オランダの植民地として建設され、のちイギリスに占領されて東インド航路の要地となる。公用語であるアフリカーンス語ではカープスタット(Kaapstad)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

南アフリカ共和国南端にある港湾都市で,同国の立法上の首都
1652年オランダが港を開いたが,1814年イギリス領となり,スエズ運河開通までヨーロッパ・アジア航路の要地となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

ケープタウンの関連情報