キリスト者の自由について(読み)キリストしゃのじゆうについて(英語表記)Von der Freiheit eines Christenmenschen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キリスト者の自由について
キリストしゃのじゆうについて
Von der Freiheit eines Christenmenschen

ドイツの宗教改革者マルチン・ルターが著わした改革三文書の第3書。 1520年刊。キリスト者の生活における信仰と愛の意義を明らかにしたもの。信仰によりすべてに自由な主となり,愛において万人の僕 (しもべ) となると述べる。のちにラテン語版が教皇レオ 10世に捧げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android