意義(読み)いぎ

精選版 日本国語大辞典「意義」の解説

い‐ぎ【意義】

〘名〙
① 言葉などの表現によってあらわされる意味、内容。
※日本詩史(1771)一「雖造語不一レ合、意義自全」
② 言葉、事柄、行為などが現実にもつ価値。ねうち。多く、重要なものをいうのに用いる。
※哲学字彙(1881)「Import 意義、旨趣」
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉七「首府が郊外と連接する処の趣味と共に無限の意義がある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「意義」の解説

い‐ぎ【意義】

言葉によって表される意味・内容。「その語の本来の意義
その事柄にふさわしい価値。値うち。「意義ある生活」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android