意義(読み)いぎ

精選版 日本国語大辞典「意義」の解説

い‐ぎ【意義】

〘名〙
① 言葉などの表現によってあらわされる味、内容。
※日本詩史(1771)一「雖造語不一レ合、意義自全」
② 言葉、事柄、行為などが現実にもつ価値。ねうち。多く、重要なものをいうのに用いる。
※哲学字彙(1881)「Import 意義、旨趣」
※武蔵野(1898)〈国木田独歩〉七「首府が郊外と連接する処の趣味と共に無限の意義がある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「意義」の解説

い‐ぎ【意義】

言葉によって表される意味・内容。「その語の本来の意義
その事柄にふさわしい価値。値うち。「意義ある生活」
[類語]意味意味合いニュアンス語感本義広義狭義価値概念いいこころ語意語義字義文意含意含み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「意義」の解説

【意義】いぎ

事がらのわけ。意味。趣意。〔神仙伝、班孟〕能くを含み、紙を舒(の)べ、~之れをくに、皆字をす。滿紙各り。

字通「意」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android