ギミー・サム・ラヴィン

デジタル大辞泉プラスの解説

ギミー・サム・ラヴィン

イギリス、バーミンガム出身のビート・ロック・バンド、スペンサー・デイヴィス・グループの曲。1966年に発表し、全米第7位を記録。ブルース・ブラザーズ、サム&デイヴ、オリビア・ニュートン・ジョンなどがカバーしている。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第247位。原題《Gimme Some Lovin'》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android