コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クセノフォン・エフェシオス クセノフォン・エフェシオスXenophon Ephesios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クセノフォン・エフェシオス
Xenophon Ephesios

2世紀頃のギリシアの物語作者。小アジアエフェソスの人。恋愛冒険譚『エフェソス物語』 Ta kata Antheian kai Habrokomēn Ephesiakaの作者。その作品は3世紀に改作され,今日伝わるのはその縮小版である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone