コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クダマキ(読み)くだまき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クダマキ
くだまき / 管巻

繭や綿から糸をとったり、撚(よ)り合わせたりする糸繰り車の部品で、糸を巻く小さな軸をさし、糸を紡ぐときに生じるぶうぶうという音の連想から、うるさく鳴くキリギリス類の昆虫クツワムシがこの名でよばれた。また、地方によってはウマオイムシやヤブキリなどをさすこともある。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のクダマキの言及

【クダマキモドキ】より

…樹上にすみ,本州以南,台湾,東南アジアに分布する。江戸時代にはクツワムシやウマオイなどをさして,その鳴声が,機織のとき紡車を巻く音のようだとして〈クダマキ(管巻)〉といっていたようで,クダマキモドキの名は,それらに似た虫という意である。体長は雄23mm内外,雌30mm内外,前翅長約45mm。…

※「クダマキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android