コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連想 れんそうassociation

翻訳|association

4件 の用語解説(連想の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連想
れんそう
association

観念連合ともいう。「山」という観念から「川」という観念を思い浮べるように,諸観念間にある結合があり,一方から他方が引出されるという心的事実をいう。連想を重視したのはイギリス連想学派で,J.ロックが初めてこの語を用いたといわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

れん‐そう〔‐サウ〕【連想/×聯想】

[名](スル)
ある事柄から、それと関連のある事柄を思い浮かべること。また、その想念。「雲を見て綿菓子を―する」
心理学で、ある観念の意味内容・発音・外形の類似などにつれて、他の観念が起きてくること。観念連合。→連合2

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

れんそう【連想 association】

一般に,ある言葉を聞いたりあるものを見たりしたとき,それらと関連のある言葉や事柄を思い浮かべること,およびそのような心の働きをいう。哲学,心理学,精神分析などの領域で重視される。その意義については〈観念連合〉〈自由連想法〉〈精神分析〉の各項目を参照されたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

連想
れんそう
association

ある意識内容(表象、観念、概念など)が他の意識内容に付随しておきてくること、刺激と反応が結合することをいう。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連想の関連情報