クラウゼン岩(読み)クラウゼンがん(英語表記)klausenite

岩石学辞典の解説

クラウゼン岩

明るい色のハイパーシン斑糲(はんれい)閃緑玢(ひん)岩に相当する.チロル地方の閃緑岩ノーライトおよび石英斑糲岩系列の総称である[Cathrein : 1898].さらにグラフィックな石基をもつトナル岩質および花崗斑糲岩質のランプロファイア類の総称としても使用する[Gisser : 1926].南チロル地方のクラウゼン(Klausen)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android