ひん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 馬のいななく声を表わす語。
※童謡・木馬(1932)〈サトウ・ハチロー〉「木馬はとてもうれしさう、代りにボクがヒンとなく」
〘接頭〙 (接頭語「ひき(引)」の変化したもの) 動詞の上に付けて、勢いよく、あらあらしくする意を添えたり、語調を強めたりする。「ひんまげる」「ひんのむ」「ひんだく」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひんの関連情報