石基(読み)セッキ

化学辞典 第2版の解説

石基
セッキ
groundmass

一般に,火山岩はん点状に存在するやや大型の結晶(約0.5 mm 以上)とその結晶をとりまく基地の部分とからなっている.この基地の部分を石基という.石基は通常,肉眼では識別しえない微細な結晶の集合体,もしくはガラスからなり,これはマグマ地表に噴出したときの急冷による生成物とされている.それゆえ,石基だけの成分はある条件下での液体の成分とみなされる.[別用語参照]はん晶

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

岩石学辞典の解説

石基

(1) 火成岩の大きな結晶粒を取り囲みその間に存在する物質で,熔融体が急冷しながら結晶化した際の最終生成物を代表するものである.石基はガラス質か微晶質である[Leonhard : 1823, Vogelsang : 1875].石基の鉱物にも大小があり,かなり大きな粒度の鉱物からなる石基が存在する場合がある.(2) 堆積岩の場合はマトリックスをいう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石基
せっき
groundmass

火成岩で鉱物の大きな結晶とその周りの小さな結晶またはガラス質の部分がはっきり区別できる場合、大きな結晶以外の部分を石基という。石基はマグマが地表に噴出するかまたは地表近くに貫入して短時間のうちに冷えて固まったものである。マグマが地下でゆっくり冷えて固まってできた火成岩には石基がない。

[千葉とき子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐き セキ‥【石基】

〘名〙
① 石の土台。いしずえ。
※島根のすさみ‐天保一一年(1840)八月二七日「孔廟は泉本主水正格別の世話にて出来候処類焼せしよしにて石基等尚存しぬ」
② 斑(はん)状の火成岩で、大粒な斑晶の間を埋めるガラス質または微細な結晶からなる部分。グランドマス。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石基
せっき
groundmass

火成岩の斑晶を取囲んでその間隙を充填している微細な結晶の集合体もしくはガラス質の部分をいう。斑状組織を示す火山岩や地下浅所の貫入岩体にみられる。マグマが地表に噴出したとき,または地表近くで固結したときの急冷による生成物である。石基の化学組成は,マグマの生成を知る手がかりとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっき【石基 groundmass】

火山岩を手にとって観察したとき,斑晶以外の肉眼では判別できない細粒の結晶やガラス質の部分を指す用語。地下から上昇したマグマが地表に噴出したり,地表付近で貫入岩体をつくるとき,晶以外の液相が急冷してできる部分が石基である。石基は完全に結晶化したものから完全にガラス質のものまでさまざまである。同じ火成岩体でも表面に近いほど冷却速度が速いため,よりガラス質の石基となる。またマグマの化学組成がシリカ成分に富むほど,粘性が高くマグマ中でイオンが移動しにくいため,結晶の成長が遅く,よりガラス質の石基となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android