コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石基 せっきgroundmass

翻訳|groundmass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石基
せっき
groundmass

火成岩の斑晶を取囲んでその間隙を充填している微細な結晶の集合体もしくはガラス質の部分をいう。斑状組織を示す火山岩や地下浅所の貫入岩体にみられる。マグマ地表に噴出したとき,または地表近くで固結したときの急冷による生成物である。石基の化学組成は,マグマの生成を知る手がかりとなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せっ‐き〔セキ‐〕【石基】

石の土台。いしずえ。
火成岩にみられる、斑晶を取り囲んでいる細粒結晶ガラス質の部分。マグマが地表や地表近くで急激に冷えた際にできる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

石基【せっき】

斑(はん)状組織

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

石基

(1) 火成岩の大きな結晶粒を取り囲みその間に存在する物質で,熔融体が急冷しながら結晶化した際の最終生成物を代表するものである.石基はガラス質か微晶質である[Leonhard : 1823, Vogelsang : 1875].石基の鉱物にも大小があり,かなり大きな粒度の鉱物からなる石基が存在する場合がある.(2) 堆積岩の場合はマトリックスをいう.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっき【石基 groundmass】

火山岩を手にとって観察したとき,斑晶以外の肉眼では判別できない細粒の結晶やガラス質の部分を指す用語。地下から上昇したマグマが地表に噴出したり,地表付近で貫入岩体をつくるとき,晶以外の液相が急冷してできる部分が石基である。石基は完全に結晶化したものから完全にガラス質のものまでさまざまである。同じ火成岩体でも表面に近いほど冷却速度が速いため,よりガラス質の石基となる。またマグマの化学組成がシリカ成分に富むほど,粘性が高くマグマ中でイオンが移動しにくいため,結晶の成長が遅く,よりガラス質の石基となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せっき【石基】

火山岩中の斑晶の間を埋めている部分。ガラス質か、または細粒の結晶からなる。 → 斑晶

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石基
せっき
groundmass

火成岩で鉱物の大きな結晶とその周りの小さな結晶またはガラス質の部分がはっきり区別できる場合、大きな結晶以外の部分を石基という。石基はマグマが地表に噴出するかまたは地表近くに貫入して短時間のうちに冷えて固まったものである。マグマが地下でゆっくり冷えて固まってできた火成岩には石基がない。[千葉とき子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

石基の関連キーワードスフェロフェルサイト状組織エセックサイト質モンチク岩カンプトナイト質モンチク岩クリスタリノハイアラリンバイフィレティック石基バイフィレティック鉱物リューシトイド玄武岩オージャイトファイアフェルソデーサイトフェルソパテイックヴィトリパティックフェルスパテイックヴィトロパティックリューコフィライドフェルソ石英粗面岩グラニュロファイアハイアロフィリックヴィトリフィリックフェルソ玻璃斑岩グラニパテイック

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石基の関連情報