クリソモナド(英語表記)chrysomonad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリソモナド
chrysomonad

黄色藻類のうち,下等な一群の総称。β-カロテンキサントフィルなどを有するもので黄色を呈し,同化産物はデンプンではなく,油脂,ロイコシンなどの形で貯蔵される。代表的なものにヒカリモ Chromulina,サヤツナギ Dinobryon,ミズオ Hydrurusなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android