一群(読み)いちぐん

精選版 日本国語大辞典「一群」の解説

いち‐ぐん【一群】

〘名〙 一つの群れ。ひとむれ。ひとむら。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)一・西山採蕈十絶句「穿谷凌峯各自鏖、一群分散似相逃
※反動期に於ける文学と哲学(1934)〈戸坂潤〉「問題はなぜ最近かうした一群の文学主義が台頭して来たかである」

ひと‐むれ【一群】

〘名〙 むらがっているひとかたまり。ひとむら。ひとたむら。いちぐん。
※現存六帖(1249‐50頃)「わかの浦に我ひとむれのあしたづの数はためしもあらじとぞ思ふ〈藤原信実〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一群」の解説

いち‐ぐん【一群】

一つのむれ。ひとかたまり。ひとむれ。「草原を行く羊の一群

ひと‐むら【一群/一×叢】

1か所に集まりまとまっているもの。ひとかたまり。「―の雲」「―の薄(すすき)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android