一群(読み)いちぐん

精選版 日本国語大辞典「一群」の解説

いち‐ぐん【一群】

〘名〙 一つの群れ。ひとむれ。ひとむら。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)一・西山採蕈十絶句「穿谷凌峯各自鏖、一群分散似相逃
※反動期に於ける文学と哲学(1934)〈戸坂潤〉「問題はなぜ最近かうした一群の文学主義が台頭して来たかである」

ひと‐むれ【一群】

〘名〙 むらがっているひとかたまり。ひとむら。ひとたむら。いちぐん。
※現存六帖(1249‐50頃)「わかに我ひとむれのあしたづの数はためしもあらじとぞ思ふ〈藤原信実〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一群」の解説

ひと‐むら【一群/一×叢】

1か所に集まりまとまっているもの。ひとかたまり。「―の」「―のすすき

いち‐ぐん【一群】

一つのむれ。ひとかたまり。ひとむれ。「草原を行く一群
[類語]仲間集団一団チームパーティー同類一類一党徒輩とはいともがらやからたぐい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android