コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリップアート クリップ アート

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

クリップアート

オフィス内外で共同作業する業務で、複数の人が効率よく作業するためのネットワーク環境を利用したソフトウェア。主に、情報共有やコミュニケーションを目的としたもので、電子メール、掲示板、電子会議、スケジュール管理、文書データベース、ワークフロープロジェクト管理などの機能がある。グループウェアを使うことで、グループ単位のプロジェクトや事業計画の立案など、複数の人が共同作業をする業務を円滑に運営できる。また、支店や他社と共同で進める事業で、時間や場所の制約を少なくできる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

クリップアート

ワープロソフトの文書や年賀状の裏面、自分のウェブサイトなどに貼り付けて使えるイラストや写真の画像データ集のことです。年賀状作成ソフトやオフィスソフトに含まれているほか、独立したクリップアート集も販売されています。
⇨ワープロ

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

クリップアート【clip art】

ウェブページや文書などで使用する小さいサイズのイラストや挿絵などの画像。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

クリップアートの関連キーワードPublisher作業ウィンドウ愛のかげり

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クリップアートの関連情報