画像(読み)がぞう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

画像

コンピュータで描いた図形や写真などの総称。イメージ、グラフィックスもほぼ同義。画像を扱うソフトウェアを画像ソフト、またはグラフィックソフトと呼ぶ。画像データ形式は、画素によって表わされるビットマップデータ(ペイント系データ)と、数式によって記述されるベクタデータ(ドロー系データ)の2種類に大分できる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

がぞう【画像】

絵に描かれた姿・かたち。
テレビジョン・スクリーン・感光紙などにうつし出された映像。 「鮮明な-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

画像の関連情報