コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロミル

海藻海草標本図鑑の解説

クロミル

からだはやや扁圧した円柱状で,ほぼ規則正しく平面的に叉状分岐し,分岐部分は幅広い扁平な三角形となる。枝の先端 は円柱状でやや細くなる。小嚢は円柱状から棍棒状。小嚢の長さはおよそ600〜850μm 。手触り滑らかで,やや固く,多少伸び縮みし,丈夫である。生体は暗緑色〜濃緑色。押し葉標本は台紙につく。ナガミルも同様の分枝を行ない,形態的にも似ている事があるが,ナガミルの小嚢は非常に大きいので,表面をみたときには肉眼でも小嚢が見える。また,ナガミルの方が緑色〜黄緑色と明るい色をしており,さらにからだは柔らかく,先端部での分岐の間隔が極端に狭くなる傾向がある。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典内のクロミルの言及

【ミル(海松)】より

…寒海域を除く日本各地沿岸の低潮線付近から漸深帯の岩上に生育し,世界の暖温帯の海域に分布する。似た種にクロミルC.divaricatum Holmes,サキブトミルC.contractum Kjellman,ナガミルC.cylindricum Holmesなどがあり,いずれも寒海域を除く日本各地に生育する。ミルは地方により食用にする。…

※「クロミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クロミルの関連情報