コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クーヘ・ホージャ遺跡 クーヘ・ホージャいせきKūh-i Khōja

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クーヘ・ホージャ遺跡
クーヘ・ホージャいせき
Kūh-i Khōja

クーイ・フワージャともいう。イラン南東部シースタンの古代遺跡。ザーボルの南西 26kmのクーヘ・ホージャ山頂に残る王宮建築群の跡。パルティア帝国期に建てられ,ササン朝期に修復された。拝火神殿を伴う日干し煉瓦造の宮殿や彩色フレスコ壁画が発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone