グラファイト

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グラファイト

薄い板状の炭素の結晶が何層にも重なり合った素材で、石墨とも呼ばれる。耐熱性導電性に優れ、軽くて引っ張りに強い。ブロック状に固めたものは電池の電極スペースシャトルの外壁に、繊維状にしたカーボンファイバーはF1カーや最先端航空機に使われるなど用途が広がっている。

(2010-09-03 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

グラファイト

〘名〙 (graphite) 黒鉛・石墨(せきぼく)のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のグラファイトの言及

【黒鉛】より

…グラファイト,石墨(せきぼく)ともいう。炭素Cからなる鉱物の一つで,炭素の同素体。…

※「グラファイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラファイトの関連情報