コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラールス州 グラールスGlarus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラールス〔州〕
グラールス
Glarus

スイス東部,チューリヒの南東,ワレン湖に注ぐリント川流域の州。州都グラールス。集落はおもにリント川の深い谷間にあり,周囲を高い山で囲まれる。かつてはゼッキンゲンの修道院の所領,次いでハプスブルク家領であったが,1352年にスイス同盟に加わり,88年ネーフェルスの戦いでオーストリア軍を破り,完全な独立を得た。住民はほぼ全員がドイツ語を話し,約3分の2がプロテスタント。牧畜のほか,綿織物,染色,スレート工業などが行われ,グラールス市を中心にスキー,家具も製造される。リント川の水力開発が進んでいる。面積 684km2。人口3万 7648 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グラールス州の関連キーワードスイスのサルドーナ地殻変動地帯ウィンテラー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android