コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローバー

世界大百科事典内のグローバーの言及

【赤外線】より


[発生源]
 これまで赤外領域では高温白熱体が唯一の光源であった。中間赤外領域で代表的な光源は,グローバー(日本ではシリコニットの商品名で呼ばれることが多い)とネルンスト・グローアーである。前者は細い棒状の炭化ケイ素に10A程度の電流を流し1300K程度に熱したもの,後者は酸化ジルコニウムZrO2を主成分とした棒に1A程度の電流を流し1700K程度に白熱させたものである。…

※「グローバー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

グローバーの関連キーワードアブラハム(Karl Abraham)クライン(Melanie Klein)グレムリン〈2〉/新・種・誕・生バック・トゥ・ザ・フューチャーグローバー石(データノート)ボビー マクファーリン13日の金曜日・完結編クリスタルの恋人たちインディペンデントヘザー スタニングトニー ジャクソンディープ・パープルアラン ネビンズ量子コンピュータジョン ブレイクビル ウイザースカラーパープルリリウオカラニグローバー石プレデター2

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グローバーの関連情報