青色(読み)アオイロ

デジタル大辞泉の解説

あお‐いろ〔あを‐〕【青色】

青系統の色。青い色。
装束の色の名。染め色では、紫根(しこん)刈安(かりやす)を染料として染めた灰色がかった黄緑色。織り色では、縦糸を青、横糸を黄として織った色をいう。青白橡(あおしろつるばみ)麹塵(きくじん)山鳩(やまばと)色を指すこともある。
青色の袍(ほう)」の略。

せい‐しょく【青色】

青い色。あおいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおいろ【青色】

青の色。青。有職ゆうそくでは緑をいう。
染め色の名。また、襲かさねの色目の名。刈安と紫根とで染めた色。灰色がかった黄緑。山鳩やまばと色。 → 麴塵きくじん

せいしょく【青色】

青い色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青色の関連情報