青色(読み)アオイロ

デジタル大辞泉の解説

あお‐いろ〔あを‐〕【青色】

青系統の色。青い色。
装束の色の名。染め色では、紫根(しこん)刈安(かりやす)を染料として染めた灰色がかった黄緑色。織り色では、縦糸を青、横糸を黄として織った色をいう。青白橡(あおしろつるばみ)麹塵(きくじん)山鳩(やまばと)色を指すこともある。
青色の袍(ほう)」の略。

せい‐しょく【青色】

青い色。あおいろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおいろ【青色】

青の色。青。有職ゆうそくでは緑をいう。
染め色の名。また、襲かさねの色目の名。刈安と紫根とで染めた色。灰色がかった黄緑。山鳩やまばと色。 → 麴塵きくじん

せいしょく【青色】

青い色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あお‐いろ あを‥【青色】

〘名〙
① 本来は黒と白との中間の範囲を示す広い色名で、おもに青、緑、藍をいう。
※枕(10C終)一七「あを色の淵こそをかしけれ。蔵人などの具にしつべくて」
② 染色や襲(かさね)の色目の名。刈安(かりやす)と紫とで染めた萠葱(もえぎ)色の黄がちの色。今日の緑色に相当する。麹塵(きくじん)。山鳩色。
※多武峰少将物語(10C中)「いともきよげなる紬(つむぎ)をあをいろに染めて」
※西宮記(969頃)一七「青色、帝王及公卿已下侍臣、随便服之〈非蔵人用無文〉」

せい‐しょく【青色】

〘名〙 青い色。あおいろ。せいしき。
※桐畑(1920)〈里見弴〉天変地異「深い青色(セイショク)の傘に遮られた薄暗い光」 〔淮南子‐時則訓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青色の関連情報