コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモディティー コモディティー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コモディティー

ある商品ジャンルで、各商品の特徴が少なくなり、画一化されていくこと。市場の成熟、技術の標準化などにより、似たような商品が量産されることで起きる現象。どのメーカーの商品も同様の機能を備えているため、購入者は、より価格が安い商品を求めるようになり、価格が下がる。コンピューターの分野では、規格や仕様を統一して互換性を持たせた製品が多いため、コモディティーを起こす傾向が強い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コモディティー(commodity)

必需品。日用品。また、商品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コモディティー【commodity】

生活必需品。日用品。商品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

コモディティーの関連キーワードコモディティー・フロー法コモディティー化国際商品価格指数オリックス(株)民間資本形成商品スワップリッパー分類生活必需品商品取引所汎用化学品汎用品化必需品

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コモディティーの関連情報