コモディティー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コモディティー

ある商品ジャンルで、各商品の特徴が少なくなり、画一化されていくこと。市場の成熟、技術の標準化などにより、似たような商品が量産されることで起きる現象。どのメーカーの商品も同様の機能を備えているため、購入者は、より価格が安い商品を求めるようになり、価格が下がる。コンピューターの分野では、規格や仕様を統一して互換性を持たせた製品が多いため、コモディティーを起こす傾向が強い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コモディティーの関連情報