コモディティー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

コモディティー

ある商品ジャンルで、各商品の特徴が少なくなり、画一化されていくこと。市場の成熟、技術の標準化などにより、似たような商品が量産されることで起きる現象。どのメーカーの商品も同様の機能を備えているため、購入者は、より価格が安い商品を求めるようになり、価格が下がる。コンピューターの分野では、規格や仕様を統一して互換性を持たせた製品が多いため、コモディティーを起こす傾向が強い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コモディティーの関連情報