コンスタンティノポリス(読み)こんすたんてぃのぽりす

精選版 日本国語大辞典の解説

コンスタンティノポリス

(Konstantinopolis 「コンスタンティヌスの都」の意) トルコのイスタンブールの旧名。三三〇年、ローマ皇帝コンスタンティヌス一世がここを都に定めて命名。一四五三年、オスマン帝国の首都となり現在名に改称。コンスタンチノープル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のコンスタンティノポリスの言及

【イスタンブール】より

…人口761万6000(1994)。古代ギリシア・ローマ時代はビュザンティオンByzantion,ビュザンティウムByzantium,ビザンティン時代はコンスタンティノポリスKōnstantinoupolis∥Constantinopolisの名で知られ,トルコ語で正しくはイスタンブルとよばれる。コンスタンティノポリスの英語名コンスタンティノープルConstantinopleも旧称として広く使われている。…

【コンスタンティヌス[1世]】より

…またキリスト教は皇帝権力をイデオロギー的に支える宗教として重視されることになり,コンスタンティヌスを,神の恩寵を一身にうけ,神の代理人として統治する崇高なる君主ととらえる,キリスト教的〈神寵帝理念〉をうち出したのは教会史家エウセビオスであった。 以上の諸施策は新首都コンスタンティノポリスにおいて推進された(330遷都)。すでに3世紀からローマ市の首都としての意味は失われており,人口のうえからも文化・経済上の理由からも帝国の中心は東方ギリシア世界に傾いていた。…

【ローマ】より

…彼の自発的退位(305)に際して再び起こった内乱のなかからコンスタンティヌス1世とリキニウスが勝ち残り,再度(313,314)の内戦ののちコンスタンティヌス1世が単独皇帝として残った(在位306‐337)。すでにディオクレティアヌスは首都をニコメディアに移していたが,コンスタンティヌス1世はビュザンティオンの地に新首都コンスタンティノープル(コンスタンティノポリス。現,イスタンブール)を建設し(330),帝国の重心を東に移動させた。…

※「コンスタンティノポリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報