コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧名 キュウメイ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐めい〔キウ‐〕【旧名】

もとの。以前の名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうめい【旧名】

昔の名。以前の名。きゅうみょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の旧名の言及

【本名】より

…この場合,買得者・被譲渡者は,その土地が,名(本名)に対して旧来負っていた租税の負担の一部を免除される(名放ち)と明記している場合も多い。(3)鎌倉末期から南北朝期にかけて,従来の名(旧名)が解体し,かわって比較的多数の新しい名(新名)ができる場合,従来の名(旧名)を本名ともよぶ。またそういった名のあり方を,それぞれ旧名体制,本名体制,新名体制などとよぶことが多い。…

※「旧名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

旧名の関連キーワードArtSchool Dabblerアマースト(ミャンマー)アートスクール ダブラードニエプロペトロフスクブレストリトフスク高灯台科・高燈台科佐賀県鳥栖市京町トランスヨルダンスタニスラフ木暮 武太夫勝負検査役山田 荘哉テナセリム八田 宗吉ベロルシアラングーン瀬戸内晴美バタビアダオメーガルトク

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧名の関連情報