コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

旧名 キュウメイ

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐めい〔キウ‐〕【旧名】

もとの。以前の名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きゅうめい【旧名】

昔の名。以前の名。きゅうみょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の旧名の言及

【本名】より

…この場合,買得者・被譲渡者は,その土地が,名(本名)に対して旧来負っていた租税の負担の一部を免除される(名放ち)と明記している場合も多い。(3)鎌倉末期から南北朝期にかけて,従来の名(旧名)が解体し,かわって比較的多数の新しい名(新名)ができる場合,従来の名(旧名)を本名ともよぶ。またそういった名のあり方を,それぞれ旧名体制,本名体制,新名体制などとよぶことが多い。…

※「旧名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

旧名の関連キーワードArtSchool Dabblerアートスクール ダブラーアマースト(ミャンマー)ドニエプロペトロフスク高灯台科・高燈台科ブレストリトフスク佐賀県鳥栖市京町トランスヨルダンアドリアノープル木暮 武太夫スタニスラフ山田 荘哉勝負検査役八田 宗吉ベロルシアラングーンテナセリム瀬戸内晴美バタビアダオメー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旧名の関連情報