コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンドラチェフの波 コンドラチェフノナミ

デジタル大辞泉の解説

コンドラチェフ‐の‐なみ【コンドラチェフの波】

18世紀以来の物価・利子率・生産量などの動きにみられる50~60年を周期とする波動。その理論を主張した旧ソ連の経済学者コンドラチェフの名にちなむ。→景気循環

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

外国為替用語集の解説

コンドラチェフの波

景気の循環には特徴的なパターンが見られ、約50年の周期で循環しているというもの。技術革新主因とされる。旧ソ連の経済学者コンドラチェフ(1892-1938)により明らかにされた。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

コンドラチェフの波の関連キーワードコンドラチェフ循環過剰投資説景気変動投資

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android