コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コールドタイプ cold type

翻訳|cold type

大辞林 第三版の解説

コールドタイプ【cold type】

写真植字、特にコンピューター組版により版を作る印刷の方式。コールド-タイプ-システム。 ↔ ホット-タイプ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコールドタイプの言及

【写真植字機】より

…印字を終わった感光材を現像すれば,白地に黒のポジティブ文字が得られるので,これから凸版,オフセット,グラビアなどの印刷版を製版する。すなわち活版を作ることなしに文字印刷ができるので,加熱鋳造活字を使わないという意味でコールドタイプcold‐typeとも呼ばれている。 戦前この写真植字機は,特殊の分野に利用されていたにすぎなかったが,第2次大戦後,活字の戦災による焼失,写真製版法の進歩,オフセットの興隆などによって広く使用されるようになった。…

※「コールドタイプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コールドタイプの関連キーワードコールドタイプ・システムコンピューター組版活版印刷タイプCTS活字

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コールドタイプの関連情報