コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真植字機 しゃしんしょくじき photocomposing machine; phototypesetting machine

4件 の用語解説(写真植字機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真植字機
しゃしんしょくじき
photocomposing machine; phototypesetting machine

写真植字に使用される装置。文字盤を透過した光がレンズを通して1字1字印画紙またはフィルム上に投影される機構をもち,倍率の異なるレンズ群を交換することによって,1つの文字から大きさの異なる文字が得られたり,補助レンズを付加することによって,長体,平体,斜体などの変化もつけられるようになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃしんしょくじ‐き【写真植字機】

写真植字のための機械。ネガまたはポジに作られた文字盤から文字を選び出し、1字ずつ写真操作によってフィルムや印画紙上に感光させ、印刷の版下を作る。レンズにより拡大・縮小・変形ができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしんしょくじき【写真植字機 phototypesetting(photocomposing) machine】

写真技術を利用して印画紙またはフィルム面に文字を並べ文章などを作る機械。写植機とも略称する。この文章写真を原稿として複写し製版すれば,活版印刷物と同じような複製を作ることができる。また,テレビカメラでこの文字を撮影すれば,テレビ受像面に文字を迅速に現すことができる。言葉をかえていえば,写真応用のタイプライターである。日本文の写真植字機は世界でもっとも早く実用化された。1924年石井茂吉森沢信夫とが協力して研究し,29年ころ実用機5台を東京の印刷工場で試用してからしだいに改良が加えられ,その有用性が認められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃしんしょくじき【写真植字機】

字母が陰画になっている文字盤から必要な文字を選択し、印画紙やフィルムに写しとり文字組版を行う機械。レンズを用いて拡大・縮小・変形ができるので、一つの母型となる文字から各種の印字が得られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

写真植字機の関連キーワード版下フィルムスキャナー銀塩写真写真植字フィルムポラロイドカメラレリーフ写真写真電送多重露光べた焼

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone