コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真植字機 しゃしんしょくじきphotocomposing machine; phototypesetting machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真植字機
しゃしんしょくじき
photocomposing machine; phototypesetting machine

写真植字に使用される装置。文字盤を透過した光がレンズを通して1字1字印画紙またはフィルム上に投影される機構をもち,倍率の異なるレンズ群を交換することによって,1つの文字から大きさの異なる文字が得られたり,補助レンズを付加することによって,長体平体斜体などの変化もつけられるようになっている。また図柄を連続的に印字することによって輪郭とか地紋をつくることもできる。コンピュータを活用して,この写植作業を行うことができるため,出版物などでは広く採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃしんしょくじ‐き【写真植字機】

写真植字のための機械ネガまたはポジに作られた文字盤から文字を選び出し、1字ずつ写真操作によってフィルムや印画紙上に感光させ、印刷版下を作る。レンズにより拡大縮小変形ができる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしんしょくじき【写真植字機 phototypesetting(photocomposing) machine】

写真技術を利用して印画紙またはフィルム面に文字を並べ文章などを作る機械。写植機とも略称する。この文章写真を原稿として複写し製版すれば,活版印刷物と同じような複製を作ることができる。また,テレビカメラでこの文字を撮影すれば,テレビ受像面に文字を迅速に現すことができる。言葉をかえていえば,写真応用のタイプライターである。日本文の写真植字機は世界でもっとも早く実用化された。1924年石井茂吉森沢信夫とが協力して研究し,29年ころ実用機5台を東京の印刷工場で試用してからしだいに改良が加えられ,その有用性が認められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃしんしょくじき【写真植字機】

字母が陰画になっている文字盤から必要な文字を選択し、印画紙やフィルムに写しとり文字組版を行う機械。レンズを用いて拡大・縮小・変形ができるので、一つの母型となる文字から各種の印字が得られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

写真植字機の関連キーワードコールドタイプフォトタイプペンタックス石井 茂吉モリサワ電算植字CTS活字罫線字母母型陰画

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android