ゴドルフィン・アラビアン

デジタル大辞泉プラスの解説

ゴドルフィン・アラビアン

競走馬サラブレッドの三大始祖の1頭。三大始祖とは、サラブレッドの血統をたどると必ず3頭のいずれかの種牡馬にたどり着くためこう呼ばれる。1724年生まれ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内のゴドルフィン・アラビアンの言及

【サラブレッド[種]】より

…17世紀から18世紀にかけてイギリスに輸入されたアラブ種やバルブ種の東洋馬を在来種と交配し,その交雑種から競馬という能力検定を経て作出された駆歩(かけあし)gallop能力の優れたウマで,1791年以来血統登録が続けられている軽種・純血種の代表的品種である。現存する本種の父系をたどるとダーレー・アラビアンDarley Arabian,バイアリー・タークByerley Turk,ゴドルフィン・アラビアンGodolphin Arabianの3頭に到達する。体格はアラブ種より大型で体高160cm前後,体重は平均480kg。…

※「ゴドルフィン・アラビアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android