コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイクリン さいくりんcyclin

知恵蔵の解説

サイクリン

細胞周期の進行をつかさどる酵素群のサブユニットを構成し、その酵素活性の発現に不可欠なたんぱく質。酵素群としてはCDK(サイクリン依存性キナーゼ)やCdc2キナーゼなどがある。がん抑制遺伝子の産物はCDK阻害因子と考えられており、がん細胞におけるサイクリンの役割が注目されている。

(垂水雄二 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

栄養・生化学辞典の解説

サイクリン

 タンパク質をリン酸化する酵素の中にサイクリンとよばれるタンパク質と結合して活性化されるサイクリン依存タンパク質キナーゼがあり,そのキナーゼに結合して活性化するタンパク質.細胞周期を制御するとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

サイクリンの関連キーワードハント(R. Timothy (Tim) Hunt)テトラサイクリン系抗生物質マイコプラズマ感染症バンサン氏アンギーナクロラムフェニコールエリスロマイシンテトラサイクリンカナマイシン発酵蛋白質合成阻害剤クラミジア感染症流行性脳脊髄膜炎ティム ハントQ熱(塹壕熱)抗菌スペクトルアクロマイシン水疱性類天疱瘡ネコひっかき病アナプラスマ症グラム陽性菌アメーバ赤痢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android