コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性化 カッセイカ

デジタル大辞泉の解説

かっせい‐か〔クワツセイクワ〕【活性化】

[名](スル)
特定の機能が活発になること。反応性が高まること。
組織などの活動を活発にすること。「地域社会を活性化する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かっせいか【活性化 activation】

一般に物質のもつ機能が活発になることをいう。とくに原子,分子が光その他のエネルギーを吸収して高いエネルギー状態に励起され化学反応を起こしやすくなることを,原子,分子の活性化という。たとえば窒素気体中で放電すると準安定状態の励起窒素分子や原子状窒素が生成し化学的に活性となる。また低圧水素中での放電または水銀増感光反応により活性水素を生じ,強い還元作用を示す。アルカリI類金属またはそのアマルガムが酸素と反応すると活性酸素を生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かっせいか【活性化】

( 名 ) スル
物質の反応性を高めること。
原子や分子などを光・熱などのエネルギーを与えて高いエネルギー状態にすること。
触媒が表面状態の変化や他の微量物質の添加により、その作用を著しく高めること。
酵素作用をもたない酵素前駆体が酵素作用をもつ酵素に変わること。
社会・組織などを活発にすること。 「社内の-を図る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

活性化の関連キーワードタクシー適正化活性化特別措置法脂肪酸チオキナーゼ(長鎖)宮崎県都城市山之口町富吉Wiiでやわらかあたま塾マクロファージ活性化因子タウンマネージメントアデニル酸シクラーゼ帷子戦士デザイヤーコピーライターの日アクティベーション村起こし・村起しカルシニユーリンエンテロキナーゼ侵略者 うささま企業再生支援機構活性化エネルギーまちづくり三法奥入瀬地ビールエナジャイザーウーマノミクス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活性化の関連情報