コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活性化 カッセイカ

3件 の用語解説(活性化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かっせい‐か〔クワツセイクワ〕【活性化】

[名](スル)
特定の機能が活発になること。反応性が高まること。
組織などの活動を活発にすること。「地域社会を活性化する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かっせいか【活性化 activation】

一般に物質のもつ機能が活発になることをいう。とくに原子,分子が光その他のエネルギーを吸収して高いエネルギー状態に励起され化学反応を起こしやすくなることを,原子,分子の活性化という。たとえば窒素気体中で放電すると準安定状態の励起窒素分子や原子状窒素が生成し化学的に活性となる。また低圧水素中での放電または水銀増感光反応により活性水素を生じ,強い還元作用を示す。アルカリI類金属またはそのアマルガムが酸素と反応すると活性酸素を生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かっせいか【活性化】

( 名 ) スル
物質の反応性を高めること。
原子や分子などを光・熱などのエネルギーを与えて高いエネルギー状態にすること。
触媒が表面状態の変化や他の微量物質の添加により、その作用を著しく高めること。
酵素作用をもたない酵素前駆体が酵素作用をもつ酵素に変わること。
社会・組織などを活発にすること。 「社内の-を図る」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活性化の関連キーワードシステムコール活性経口賦活物性高機能生活不活発病水産業・漁村のもつ多面的機能生活不活発病(廃用症候群)あげっぱな

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

活性化の関連情報