コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイダイバラ

海藻海草標本図鑑の解説

サイダイバラ

からだは直立し,叢生して絡み合い塊状ととなる。ときに枝同士が密着する。枝は扁圧しており,長い枝は湾曲をする。分枝は互生だが,偏生することもよくある。小枝はトゲ状で先端は尖り,基部はくびれていない。手触りは軟骨質だが,折れやすい。生体は黄紅色〜紅色。タチイバラに似るが,タチイバラは折れにくく,表面観で同じ大きさの小さな細胞が並んでいる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典内のサイダイバラの言及

【イバラノリ】より

…高さは10~20cmのものが多いが,さらに大きくなる種類もある。日本沿岸だけでも10種以上が生育し,よく見られる種類として,イバラノリH.charoides Lamour.,サイダイバラH.saidana Holmes,タチイバラH.variabilis Okamura,カギイバラノリH.japonica Tanakaなどがある。イバラノリは枝を不規則に出すが,サイダイバラは小枝を水平に出し,タチイバラは茎が扁平で上方でのみ枝を水平に出す。…

※「サイダイバラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サイダイバラの関連キーワードイバラノリ(茨海苔)イバラノリ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android