小枝(読み)コエダ

デジタル大辞泉の解説

こ‐えだ【小枝】

小さい。さえだ。「梅の小枝

さ‐えだ【小枝】

こえだ。えだ。
「明けされば榛(はり)の―に夕されば藤の繁みに」〈・四二〇七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

小枝

森永製菓株式会社が販売するチョコレート菓子の商品名。2種類のアーモンドを砕いて細長く成型したものを、チョコレートでコーティングしている。1971年発売。通常商品の「ミルク」のほかに、「コーヒー」や「ICE BOX グレープフルーツ」など期間限定でさまざまな種類の味を展開。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

こえだ【小枝】

樹木の小さい枝。さえだ。

さえだ【小枝】

木の枝。また、小さい枝。こえだ。 「常磐なる松の-を/万葉集 4501
横笛の名器の名。平敦盛が所持していた「青葉の笛」がこれと同じ物という。 「件の笛は…名をば-とぞ申しける/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小枝の関連情報