サブオービタル(読み)さぶおーびたる(英語表記)Suborbital

翻訳|suborbital

知恵蔵mini「サブオービタル」の解説

サブオービタル

砲弾のように放物線を描いて飛ぶ飛翔体軌道。高度100キロメートル以上の宇宙空間に到達した後、地上に帰還するもので、「準軌道」と訳される。宇宙空間での滞在時間は数分程度だが、地球周回軌道(オービタル)に比べて簡単かつ安価に宇宙空間を体験できる方法として、米国を中心に民間事業者による宇宙旅行などでの商業利用が進められている。日本では2019年に官民協議会が発足し、サブオービタル機の住環飛行の実現に向けた課題の検討が行われている。

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android