サンゴ網(読み)さんごあみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンゴ網
さんごあみ

漁具の一種。引網類ではあるが、袋網を欠き、船を潮流や帆で流しながら、引網の先に取り付けた錘石(おもしいし)(錘(おもり))と数枚の網地で海底を摺(すり)引きして、サンゴをからめとるものである。網地は、目合い十数センチメートルの大目網、あるいはその先にさらにクレモナ網または2枚重ねにした古網の束を数個取り付けたもので、大目網でサンゴの生株をとるとともに、落ちたサンゴは古網でからめとる。小笠原(おがさわら)諸島、高知県および九州南西部沿岸の沖合いが漁場として有名である。[笹川康雄・三浦汀介]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android