コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトクロムP-450

栄養・生化学辞典の解説

シトクロムP450

 還元型で一酸化炭素と結合すると450nm付近にソーレ帯を示すプロトヘムタンパク質の総称薬物など物質の酸化を触媒する酵素として機能するものがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

シトクロムP-450の関連キーワードエルゴステロール生合成阻害剤DNAチップ薬物代謝酵素

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android