コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノドント Sinodont

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノドント
Sinodont

アメリカの人類学者 C.G.ターナーが,中国型の歯をもつ集団という意味で用いた言葉。モンゴロイド人種群のうち,中国からシベリアを経て南北両アメリカ大陸に分布する人々の歯に,上顎切歯のショベル形や第3大臼歯の退化形が多いなど,いくつかの共通点が認められるところから,こう呼ばれるようになった。モンゴロイド人種のなかでも東南アジア方面ではシノドントの特徴が認められないので,これらの集団はスンダドント Sundadontと呼ばれている。現代日本人はシノドントに入るが,縄文時代人はスンダドントであったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android