コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノドント シノドントSinodont

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノドント
Sinodont

アメリカの人類学者 C.G.ターナーが,中国型の歯をもつ集団という意味で用いた言葉。モンゴロイド人種群のうち,中国からシベリアを経て南北両アメリカ大陸に分布する人々の歯に,上顎切歯のショベル形や第3大臼歯の退化形が多いなど,いくつかの共通点が認められるところから,こう呼ばれるようになった。モンゴロイド人種のなかでも東南アジア方面ではシノドントの特徴が認められないので,これらの集団はスンダドント Sundadontと呼ばれている。現代日本人はシノドントに入るが,縄文時代人はスンダドントであったとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android