コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄文時代人 じょうもんじだいじん

1件 の用語解説(縄文時代人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縄文時代人
じょうもんじだいじん

日本の縄文時代の人々。人類の進化段階では新人に属する。遺跡出土の人骨によれば,身長は 160cm足らずで,頭が大きく,顔は幅広くて,鼻は広いが鼻筋が通っていたと考えられ,顎骨は強大で歯の噛合せは鉗子状,咬耗は著しく,人為的な抜歯がみられることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の縄文時代人の言及

【アイヌ】より

… 北海道アイヌの骨格を最初に詳しく調査し,アイヌと本州縄文人とが互いに著しく類似することを発見した小金井良精は,アイヌが日本の縄文時代の先住民であり,のちに海外から渡来した日本人によって北へ追われたのであろうと考えた。しかし小金井に続いて日本各地の古人骨資料をさらに数多く調査した長谷部言人,清野謙次らは,アイヌばかりでなく日本人もまた,基本的には縄文時代人に由来したものであることを明らかにした。現在の知見によれば,縄文時代人は多少の地域差を示すが,全体としてかなり均質な旧石器時代人的体質の持主であった。…

【日本人】より

…しかし縄文人の根幹をなしたものは,量的にみても後期旧石器時代の渡来集団と考えてよいであろう。
[縄文時代人]
 縄文時代人の骨格は,岡山県津雲貝塚,愛知県吉胡(よしご)貝塚をはじめとして,かなり多数の資料が発掘され,早くからその形質が明らかにされていた。その特徴は,低・広顔で,眉間・眉上弓の独特の隆起,鼻根の深い陥没,鼻骨の高い隆起など顔の彫りが非常に深い。…

※「縄文時代人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

縄文時代人の関連キーワード貝塚縄文時代段階の法則勾玉先縄文時代鈴木尚東名(ひがしみょう)遺跡神田遺跡大将軍遺跡縄文時代草創期

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縄文時代人の関連情報