コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄文時代人 じょうもんじだいじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縄文時代人
じょうもんじだいじん

日本の縄文時代の人々。人類の進化段階では新人に属する。遺跡出土の人骨によれば,身長は 160cm足らずで,頭が大きく,顔は幅広くて,鼻は広いが鼻筋が通っていたと考えられ,顎骨は強大で歯の噛合せは鉗子状,咬耗は著しく,人為的な抜歯がみられることもある。四肢骨の筋付着部はよく発達し,扁平脛骨柱状大腿骨,巨大腓骨などがみられ,しゃがんだ姿勢をとる場合が多かったらしく足首などに特殊な関節面ができているなどの特徴がある。縄文時代人は採集狩猟生活をし,身体形質も石器時代人的特徴をほとんど変化なく,数千年にわたって保持し続けた。弥生時代に入ると,縄文人の形質は生活の変化や,大陸からの渡来者との混血の影響で大きく変化し,次第に現在の日本人の姿へと移行していったが (→弥生時代人 ) ,北日本の縄文人はそれほど大きな変化をこうむらず,現在のアイヌにその形質を伝えたものと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の縄文時代人の言及

【アイヌ】より

… 北海道アイヌの骨格を最初に詳しく調査し,アイヌと本州縄文人とが互いに著しく類似することを発見した小金井良精は,アイヌが日本の縄文時代の先住民であり,のちに海外から渡来した日本人によって北へ追われたのであろうと考えた。しかし小金井に続いて日本各地の古人骨資料をさらに数多く調査した長谷部言人,清野謙次らは,アイヌばかりでなく日本人もまた,基本的には縄文時代人に由来したものであることを明らかにした。現在の知見によれば,縄文時代人は多少の地域差を示すが,全体としてかなり均質な旧石器時代人的体質の持主であった。…

【日本人】より

…しかし縄文人の根幹をなしたものは,量的にみても後期旧石器時代の渡来集団と考えてよいであろう。
[縄文時代人]
 縄文時代人の骨格は,岡山県津雲貝塚,愛知県吉胡(よしご)貝塚をはじめとして,かなり多数の資料が発掘され,早くからその形質が明らかにされていた。その特徴は,低・広顔で,眉間・眉上弓の独特の隆起,鼻根の深い陥没,鼻骨の高い隆起など顔の彫りが非常に深い。…

※「縄文時代人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

縄文時代人の関連情報