コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノペ福音書 シノペふくいんしょSinope Gospels

1件 の用語解説(シノペ福音書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノペ福音書
シノペふくいんしょ
Sinope Gospels

現存する挿絵付き福音書写本断片のうちで,最も古いものの1つ (パリ国立図書館) 。ギリシア語の本文のページ下欄外にいきいきとした筆勢でキリスト伝の場面,預言者などを描いている。 19世紀末に小アジアのシノペでたまたま見出されたが,おそらく6世紀中葉に小アジアかシリアパレスチナ地方で制作されたと考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone