筆勢(読み)ひっせい

精選版 日本国語大辞典「筆勢」の解説

ひっ‐せい【筆勢】

〘名〙
書画に現われた筆の勢い。文字の勢い。筆づかい。筆力。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※曾我物語(南北朝頃)五「ひっせい・文章の体、まがはぬ范蠡がわざなり」 〔晉書‐王羲之伝〕
② 文章の勢い。
※難波土産(1738)発端「是心なき草木を開眼したる筆勢也」 〔南史‐范曄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「筆勢」の解説

ひっ‐せい【筆勢】

書画に表れた筆の勢い。また、文章の勢い。筆力。「力強い筆勢
[類語]筆先筆力書き振り筆遣い筆鋒筆法運筆用筆字配りタッチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「筆勢」の解説

【筆勢】ひつせい

筆づかい。筆力。〔晋書、王羲之伝〕も隷書を善くし、古今の冠爲(た)り。論其の筆勢をし、以爲(おも)へらく、飄(へう)として雲の(ごと)く、矯(けう)としてしと。

字通「筆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android