本文(読み)ほんもん

精選版 日本国語大辞典「本文」の解説

ほん‐もん【本文】

〘名〙
① 古書などにあって、典拠となる文句。出典とした文。
※菅家文草(900頃)五・月夜翫桜花「題脚且本文
② 頭注、脚注、割注、傍注などの注釈の部分を除いたもとの文章
③ 書物のうちで、絵、図、また、序文、跋文などを除いた、主になっている文。
※授業編(1783)一「本文(ホンモン)の文字大にして児輩よみやすし」 〔後漢書‐徐防伝〕
④ 手紙などで、宛先などを除いた、主になっている文章。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉風呂の後「消印の文字を読まうと力めたが、肉が薄いので何うしても判断がかなかった。已を得ず再び本文(ホンモン)に立ち帰って」
⑤ 話や物語の筋の展開で中心となる部分。本題。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「扨、これからが本文(ホンモン)だテ」

ほん‐ぶん【本文】

※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「博愛之をといふ本文(ホンブン)はあれど余り広く愛する事口にいふべくして行ひがたし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本文」の解説

ほん‐もん【本文】

序文・跋文(ばつぶん)・注解・付録などに対して、書物の主たる内容をなす部分の文章。ほんぶん。
注釈や訳文に対して、そのもととなる文章。原文。
典拠となる古典などの文句。
「心ばへある―うち書きなどして」〈紫式部日記

ほん‐ぶん【本文】

ほんもん(本文)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android