コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンパンタワー champagne tower

デジタル大辞泉の解説

シャンパン‐タワー(champagne tower)

グラスをピラミッド状に積み重ね、一番上からシャンパンを注ぎ、下のグラスまで順に流れ落ちるさまを見せる演出。結婚披露宴などで行われる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

結婚式・ウェディング用語集の解説

シャンパンタワー

シャンパンタワーとは、シャンパングラスをピラミッド状に積みあげ、一番上のグラスからシャンパンを注いで、順々に溢れて下まで流れ落ちる様子を見せる演出のことをいいます。クープ型というシャンパングラスが使用され、新郎新婦がシャンパンをそそぐ役を務めて、注がれたシャンパンはゲストにも振る舞われるます。光の演出と組み合わせるとグラスが輝いてさらにきれいに見えることから、最近では人気の演出です。シャンパンピラミッドともいいます。

出典 ウェディングプリンセス結婚式・ウェディング用語集について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャンパンタワーの関連情報