コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュモクガイ シュモクガイMalleus albus; white hammer oyster

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュモクガイ
Malleus albus; white hammer oyster

軟体動物門二枚貝綱シュモクガイ科。長 23cm,殻高 21cm,殻幅 2.5cm。殻は黄白色,T字形で,背縁はまっすぐで前後に長い。軟体も細長くて後腹方に伸び,縁は波状になる。この形が撞木 (しゅもく) に似ているのでその名がある。殻内面は真珠光沢がある。房総半島以南の西太平洋,インド洋に分布し,潮間帯下の岩礁の間の砂礫底にすむ。なお,近縁種クロシュミセンガイ M. malleusは本種に似ているが,殻色が黒紫色で,紀伊半島以南に分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シュモクガイの関連キーワード須弥山

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android